SSブログ

金鯱賞 展望! [金鯱賞]

金鯱賞 展望!

今週末に中京競馬が開幕!

まずは、重賞は金鯱賞!

では、展望をどうぞ。


かつては宝塚記念のステップレースだったが、
2012年に有馬記念のステップに。

そして昨年からは大阪杯のステップへと、
施行時期が目まぐるしく変わってきた。

しかし、どの時期に行われても、
本番での好走馬を送り出す
重要レースであることに変わりはない。

昨年の大阪杯でも、
2着のステファノスと
3着のヤマカツエースが
金鯱賞をステップにしていた。

1.ペースが上がりにくい

 スタート直後に上り坂があって、
すぐに1コーナーに飛び込んでいくコースレイアウト。
よほどのことがないかぎり
ペースが上がりにくい形態になっており、
立ち回りの器用さと瞬発力が要求される傾向が強い。

2.人気どおりの決着とはいかない

 GI直前に行われるグレード別定戦で、
GI好走実績のある強豪が
毎回多数出走するレースでありながら、
なかなか順当には収まらない。

過去10年で馬連が3桁配当で収まったのは、
京都で行われた2011年のみ。

昨年は小倉大賞典を4着に敗れていた
ロードヴァンドールが2着に逃げ粘り、
一昨年も前走で準オープンを敗れていた
パドルウィールが2着に入っている。

3.ディープインパクト産駒は勝ち味に遅い

このコースで強い種牡馬はキングカメハメハ。
過去3年で勝率14.3%と、盤石の強さを見せる。

勝率ベースではゼンノロブロイ、
メイショウサムソンと続いて、
ディープインパクトは勝率6.0%と勝ち味に遅くなる。

昨年も2番人気のプロディガルサン、
3番人気のステファノスが掲示板外に敗れた。





rapture_20180306103015.jpg




ヤマカツエースは2016年の冬、
昨年春とこのレースを2連勝。

小回り芝2000m戦では、
他に中山金杯と福島記念も制しており、
この条件のスペシャリストと言える存在。

秋のGI戦線ではこの馬には不向きな条件が
続いたこともあって消化不良に終わったが、
芝2000mの大レースが続く
春シーズンこそがこの馬の大目標になる。


先週は、2レース的中。

今週も的中目指します!












引用元記事:http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=134108


競馬ブログ もチェック→ 競馬人気ブログへ


競馬予想のレジまぐ


タグ:金鯱賞
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。